TomoGのごちゃまぜ倉庫

Blender 簡単に複数のマテリアルの割り当て方法【初心者向け】

f:id:TomoG:20181120211835p:plain
本記事ではBlenderで1つのオブジェクトに複数のMaterialを割り当てる方法についてまとめていきたいと思います。

必然的にBlenderのマテリアルやテクスチャが増えていき、不要なものもでてくるかもしれません。そんな時に役に立つアドオンもご紹介しているため、そのアドオンは下記のリンクからご覧ください。

複数のマテリアルの割り当てとは

f:id:TomoG:20181120215941p:plain

上図のように1つのオブジェクトに対して、複数のマテリアルを割り当てる・設定する方法を本記事ではご紹介していこうと思います。

もし、1つのオブジェクトに複数のマテリアルの割り当てができないとか、複数のマテリアルの割り当てがメンドクサイと悩んでいる方がいれば、まずは方法1で試してみることをオススメします。

割り当て方法1

正規な方法をご紹介する前に私がよく使う複数のマテリアルを割り当てる方法をご紹介します。

もしこれがもしできない場合は、おとなしく確実な方法2で複数のマテリアルを割り当てましょう。しかし、この方法をうまく使えれば1分もかからず、複数のマテリアル設定をすることが出来ます。

まずはやり方をまとめた動画をご覧ください。

youtu.be

 動画ではざっくり複数のマテリアルを割り当てる方法を説明しているので、こちらでは少し詳細に説明していきたいと思います。

オブジェクトを全選択後、二等分

まずは、マテリアルを割り当てを変えたいメッシュ毎に分けます。動画では、マテリアルの割り当てをちょうど真ん中で分けるため、オブジェクトを全選択後、二等分を行っています。

二等分の時いろいろ数値をいじっていますが、これは自分でいじってどう動くか確認してください。

辺で分離し、オブジェクトごと分離させる

二等分したまま【Ctrlキー+Eキー】の中から辺で分離を選択。そうするとちょうど真ん中でオブジェクトが分離します。

そこで片方のオブジェクトの上で【Lキー】を押すと、それにリンクされているオブジェクト、つまり片方が選択されます。

その状態で【Pキー】を押し、選択物で分離することができるので、分離させます。

これで、マテリアルを割り当てたい部分と、割り当てたくない部分に分けることが出来ました。

それぞれにマテリアル設定

先ほどまでの動作で、オブジェクトが2つに分かれました。

この2つのオブジェクトに普通にマテリアルを設定します。いつものように1つだけマテリアルを適用して大丈夫です。

しかし、ここで、モデルをいじると、後々おかしくなるので、モデルだけは変更しない・移動させないようお願いします。

オブジェクトを統合・いらない頂点を削除

分けられていた2つのオブジェクトを両方選択し、【Ctrlキー+Jキー】で統合することができます。そうすることで1つのオブジェクトになったと思います。

あとは2つのオブジェクトに分割したときに余分に出来た頂点を削除するため、全選択して【Ctrlキー+Vキー】で重複頂点の削除をして終了です。

この方法だと割り当てが云々と考えずに、マテリアル設定ができるので、めんどくさがりな人にとても向いた手法かと思います。

しかしBlenderのバージョンによって可能・不可能かも調べていないので、もしこの方法でマテリアルの割り当てができない場合は正攻法の方法2でお願い致します。

 


以上が、方法1の複数のマテリアルの割り当て方法でした。

 

この方法の例として2等分していますが、何等分でも構いません。大切なのは、マテリアルを割り振りたいもの毎に分割させ、そして分割後マテリアルを適用。

その後統合するというものでした。なので、例では2個しかマテリアルは用意していませんが、複数のマテリアルを使用しても大丈夫です。

割り当て方法2

こちらは正攻法です。ほとんどのサイトが紹介しているのはこの方法かと思います。

本サイトでも一応紹介いたしますが、方法1の方が簡単なので、方法1でできない場合のみこちらを試してみたほうがいいかと思います。

複数のマテリアルを作成

f:id:TomoG:20181120215624p:plain

まずは1つのオブジェクトに1つのマテリアルを設定した状態から説明をスタートします。この状態ではモデル1つにマテリアルが1つ割り当てられている状態です。

上図の赤丸の位置に【+】ボタンがあるので、クリックして新たなマテリアルを追加して、複数のマテリアルを割り当てるようBlenderに指示します。

f:id:TomoG:20181120215726p:plain

新規に割り当てたいマテリアルが追加できたら、上図のように1つのモデルに2つ以上のマテリアルが存在しています。上図では2つになっていますが、2つでなく複数でも構いません。

モデルに複数のマテリアルを割り当てる準備は整ったので、今からは実際にマテリアルの割り当てを行っていきたいと思います。

マテリアルを割り当て

f:id:TomoG:20181120215835p:plain

まず、編集モードに移行してください。そして、違うマテリアルを割り当てたい面を選択後、割り当てたいマテリアルを選択します。割り当てたいマテリアルを選択すると、青くラインが引かれるので、分かりやすいかと思います。

 

上図の赤線部分の割り当てを選択するとマテリアルの割り当てが出来ます。

f:id:TomoG:20181120215941p:plain

上図が複数のマテリアルを割り当てた時の状態です。

これを違うマテリアルを割り当てたい面すべてに行ってください。


以上が今回の記事となります。

1つのオブジェクトに複数のマテリアルを使うことはよくあるので、この複数のマテリアルを割り当てる方法はマスターしておいたほうがいいと思います。

 

それでは今回の記事はここまでとなります。お疲れ様でした。

2018/12/01 ページ全体を修正

2018/12/20 ページ全体を修正

2018/01/07 ページ全体を修正

2019/01/19 ページ全体を修正

2019/02/08 ページ全体を修正

2019/06/03 ページ全体を修正