TomoGのごちゃまぜ倉庫

Blender ノード編集をもっと便利にするアドオン【Node Wrangler】

f:id:TomoG:20190524153459j:plain

今回はノードエディタをよく使う人は必ず入れておきたいアドオンのNode Wranglerというアドオンについてご紹介していきたいと思います。

Node Wranglerとは

Node Wranglerとは、ノードの作業に便利なツールをまとめたアドオンとなっています。

プロシージャルマテリアル等、ノードエディタが膨大になってくると必然的にノードの編集を簡単にしたくなってきます。

そんな時便利になるのが、このNode Wranglerというわけです。

Node Wranglerの導入方法

Node Wranglerの導入方法として、このNode Wranglerは公式アドオンとなっています。

なので、ユーザー設定のアドオンから導入してください。

Node Wranglerのおすすめ機能

次にこのNode Wranglerの機能をご紹介していきたいところなのですが、既にまとめられている記事がありました。それは参考記事をご覧ください。

なので、本記事ではNode Wranglerの機能の中でも私が便利だと思う機能をご紹介させて頂こうと思います。

シェーダービューアー

f:id:TomoG:20190524152157p:plain

おすすめのNode Wranglerの機能として、シェーダービューアー【Ctrl + Shift +右クリック】が挙げられます。

これを使えば、見たいシェーダーやカラーのところで【Ctrl + Shift +右クリック】するだけで上図のように見ることができるようになっています。

そのため、様々なシェーダーを組み合わせるや座標合わせの時に、非常に便利な機能になっています。

テクスチャセットの追加

f:id:TomoG:20190524152531p:plain

おすすめのNode Wranglerの機能として、テクスチャセットの追加【Ctrl + T】が挙げられます。

上図の赤枠を【Ctrl + T】だけで出すことができます。ただ出す場合は、このテクスチャセットにリンクさせたいノードを選択した状態で行ってください。

テクスチャセットはノーマルマップ等、テクスチャ類を多く使用している人にとって嬉しい機能となっています。

ノードの整列

おすすめのNode Wranglerの機能として、ノードの整列【Shift + ; 】が挙げられます。これは選択したノードを【Shft + ; 】を押すだけで一直線に整列させてくれる機能となっています。

しかし、これは縦に並べているノードに使うと全てまとめられて、分かりにくくなるので横長になる方におすすめの機能となっています。

フレーム作成

おすすめのNode Wranglerの機能として、フレーム作成【Shift + P】が挙げられます。

これはデフォルトだと、フレームの中にノードを入れる場合は全てドラッグ&ドロップで入れていました。しかし、この機能は【Ctrl】を押しながらノードを選択して、【Shift + P】を押すだけでフレームが作れるようになっています。

ノードを機能別に分けるフレームを更に使いやすくしたこの機能はとても便利な機能になっています。

参考記事

cycles.wiki.fc2.com

www.cgradproject.com


本記事の内容は以上となります。

このNode Wranglerというアドオンは、ノードの作業効率を各段に上げてくれるアドオンなので、必ず入れておきたいアドオンの1つとも言えます。

これで本記事は以上となります。お疲れ様でした。