TomoGのごちゃまぜ倉庫

PC(ネット)だけでお金を稼いでいく方法 まとめ

f:id:TomoG:20190116193543j:plain

どれだけの綺麗事も相当なお金持ち出ない限り、お金が無ければ生きてはいけません。そのため、本記事ではPCやネットだけでお金を稼ぐ方法を自分が思いつく限りまとめてみました。PCやネットだけなのでほぼ在宅の仕事となっています。

 

また副業を始めたいという方にも、これらの方法は副業にもなるのでオススメとなっています。

これらは全て私の個人的な意見かつ、各方法のとても稼ぐ人を度外視した評価です。それは予めご了承ください。

方法の評価基準

PC・ネットだけでお金を稼ぐ方法をまとめるに当たり、その評価基準を以下のようにまとめたいと思います。これらの評価項目を☆の5段階評価で決めています。☆が多ければ評価がよくなります。

人によって稼ぎたい理由は異なると思います。在宅ワークであったり副業であったり。なので、稼ぐ理由によっても、どの評価を重視するか異なってくると思います。

稼ぐ量

これは、お金を稼ぐ時に一番重要になる貰えるお金の多さです。これが高ければそれだけ稼ぐ量は多いということになります。

しかし注意して頂きたいのは、これはあくまでも平均を主に評価の主軸においているため、どの方法でも稼いで大金持ちになっている人もいます。

なので、この評価が低い=稼げないというわけではないのでご注意ください。

稼ぎやすさ

これは、お金を稼ぐために、どれだけ稼ぎやすいかの評価です。これが高ければ、手軽にかつ早くお金を稼ぐことができます。

この稼ぎやすいというのは、稼ぐための知識やスキルが得やすいか、稼ぐまでに時間はかかるのか等も考慮にいれています。

確実さ

これはお金が確実に得られるかの評価です。これが高ければ、確実にお金を稼ぐことができます。

主に自分が行動したらお金が成果として返ってくるか等を基準に評価しました。なので、これが高いというのはそれほど稼ぐ人と稼げない人とでは激しく差がでることを意味します。

なので、この評価も注意してご覧ください。

お金を稼ぐ方法

アフィリエイト

f:id:TomoG:20190116214225p:plain

これはブログやホームページを作ってそこにアフィリエイトを貼る方法です。

この方法は有名ブロガーさんがかなり詳しく書いてくださっているので、詳細は割愛させて頂きます。

この方法は副業で始める方も多いので、副業をしたいなという方には是非オススメの方法となっています。

この方法でオススメなのは

・ブログ・ホームページサービス

はてなブログ

理由としては、無料かつ、がっつりカスタマイズできるからです。

本気でやるならWordPressとよく聞きますが、最初からあまりリスクをかけたくない派なので、私ははてなブログをオススメします。

 

ASP(アフィリエイトのためにはほぼ必須)

A8.net(A8.netの申し込みページはこちら )

 ASPの最大手です。ここに登録すると基本的なアフィリエイトはできます。

 

➡もしもアフィリエイト(もしもアフィリエイトの申し込みはこちら)

こちらの方が、広告として貼りやすいものが多いと感じます。なので、こちらも申し込んでおいて損はないかと思います。

稼ぐ量:☆☆☆☆☆

参考記事

www.nenshuu.net

参考記事より平均報酬額は3000円超えという結果がでてきますが、稼げる人はしっかりと稼げているようです。

そして、稼いでいる人は月に100万超えているので、稼ぐ量といえば大きい部類に入るのではないかと思います。

そのため、稼ぐ量の評価はこのようになっています。

稼ぎやすさ:☆☆

理由としては2点あります。

 

まず1点目として、利益を上げられるようになるまでの期間がとても長いことです。開始何か月かで利益を出す人はいますが、ほとんどの場合利益を上げることはできません。

 

2点目として、ブログやホームページを作るうえで知識やスキルなんていらないというわけではありません。

必須なのは、文章力などのスキルだけでなく、SEOの知識も必要になってきます。そのためブロガーやライターにも知識やスキルは必須になっています。

 

これらの理由からこの評価にしました。

確実さ:☆☆☆

参考記事で報酬がほとんどない人は約50%という結果が出ています。ではなぜ、この評価にしたのか。

それは、手抜きな記事等は除いて、長い年月をかければある程度のアクセス数はあり、少しは稼げるようになるからです。

なので、時間をかければ、全くお金を稼げないとは言えないため、この評価になっています。

YouTube

f:id:TomoG:20190116221001p:plain

皆さんご存じのYouTubeで、お金を稼ぐことができるというのは大半の人が知っていると思います。YouTuberという言葉も今では知らない人の方が少ないでしょう。そんなYouTubeでお金を稼ぐことに関してみていきたいと思います。

稼ぐ量:☆☆☆☆

参考記事

kyuryobank.com

YouTubeの稼ぐ量については参考記事の通り100万円を軽く超えています。ではなぜこの評価なのか。

その理由はYouTuberのほとんどは事務所に所属している場合が多く、個人でやっている方で多く稼いでいる人は少ないです。

そのため、1人分ということを考えると、やはり稼ぐ金額は少なくなるのではないでしょうか。そう考えると、個人でやる時の金額を想定し、この評価にしました。

稼ぎやすさ:☆☆

稼ぎやすさは少し低めです。これには2点理由があります。

まず1点目は動画撮影の壁です。ビデオカメラで撮ったものを投稿するなら、顔出しの有無や明かりの調整、そして物品の購入等のハードルがあります。PC内で済むゲーム実況等を行おうとすると、高性能なPCやキャプチャーボードが必要になってきます。

 

2点目といて、動画が撮れても、次に待っているのは動画編集です。これは知識やセンスがないと面白く作れません。それらの知識やスキルを習得するにも多くの動画を作って磨いていかないといけません。

 

これらの理由から評価は低めになっています。

確実さ:☆☆☆

こちらもアフィリエイトと同じで、長い年月をやればその分チャンネル登録者数も増え、視聴回数も増えていきます。そのため、ブログよりも継続日数が顕著にでます。

しかし、今はVTuber等で、自分で動画を投稿する人も増えてきたため、かなり激しい競争になると同時に、YouTubeという1サービスに依存しているため、YouTubeが終わった時等を考えると、そこまでの確実性はないと判断し、この評価になっています。

自作物販売

f:id:TomoG:20190116222458j:plain

これは自分で作ったものを販売するという方法です。この方法では自分の知識やスキルが必須となり、知識やスキルに応じて作るものも全く異なってきます。

・ゲーム開発

Google PlayストアやApple Storeに登録

 

・3DCG

➡各種販売サイトで販売

 

・同人誌・絵

➡各種販売サイトで販売

有名どころはBOOTH(ここから飛べます)

 

・動画(販売目的)

➡販売サイトで販売

Vimeoというサイトが有名です(ここから飛べます)

稼ぐ量:☆☆

こちらは、有名な人になれば多く稼げると思いますが、稼げるようになるとスカウトされると思います。なので、PC・ネットだけでしかも在宅で稼ぐに絞ったら、やはり稼ぐ量としては少なくなるかと思います。なのでこの評価になっています。

 

余談ですが、もしスカウトを視野に入れて自作物販売を行うならポートフォリオを作成しておくとスカウトされやすいです。

careerhack.en-japan.com

肝心のポートフォリオですが、様々なポートフォリオサービスが無料であるので、それらのサービスを活用してポートフォリオを作ってみるのもいいと思います。

以下は無料ポートフォリオ作成サービスです

稼ぎやすさ:☆

やはり、これは自作物を作るに当たり専門的な知識・スキルが必要になってきます。このスキルを習得していたとしても、買い手の購買意識を沸かせる者を作ることが出来なければなりません。

または、知識やスキルがない場合は、それらの習得から始まります。その習得はどこかの学習塾にいくのか、それとも独学でやるのかに問わず、膨大な時間がかかります。

これらが理由となり、評価は低くなっています。

確実さ:☆

これは、作った者が必ず売れるとは限らないからです。もし、どれだけ自分が努力して作ってきたものでも売れなければ意味がありません。

この売れるか売れないかは誰にも分からず、ほぼ賭けのようなものになります。そのため、確実なものがないため、この評価になっています。

ポイントサイト

f:id:TomoG:20190117142729p:plain

次にポイントサイトというお金を稼ぐ方法をご紹介します。

ポイントサイトは、その名の通り何かすることでポイントを取得する、そしてそのポイントをお金に変えることで稼ぐというやり方です。

 

大手のポイントサイトにはmoppyというサイトがあります。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

1ポイント=1円という簡単で分かりやすいので、私的に使いやすいと思っています。

稼ぐ量:☆

上記のmoppyバナーにも書かれているとおり、副業またはお小遣い稼ぎがメインとなってきます。

xn--n8jl9xjhod6862aht2d.net

そして、上記の参考記事に書かれているように、稼げる量は基本的は数千円程度だと思ってください。

なので、この評価の低さになっています。

しかし、この方法だけは「稼げないからやらない方がいい」とはならないので、他の評価項目をご参照ください。

稼ぎやすさ:☆☆☆☆☆

ポイントサイトはとても稼ぎやすい方法です。なぜなら、自分の操作がポイントとなってお金になります。その操作とはアンケートであったり、何かの申し込みの際には、ポイントサイトから使う等、ポイントサイトにあまり時間を割かなくていいのです。

 そのため稼ぎやすさはこの評価になっています。

確実さ:☆☆☆☆☆

今までの方法とポイントサイトで稼ぐ方法と異なるのは、自分の操作が全てそのままポイトつまりお金になるということです。

なので、自分が操作しなければお金は発生しないし、操作すればお金は発生します。そのため、ほぼ不確実なことはありません。強いて言うならポイント取得の条件がどうかの話です。

そのため、ほぼ不確実なことはないので、この評価になっています。

クラウドソーシング

f:id:TomoG:20190117144741p:plain

この方法はフリーランスにとって、ほぼ必須のようなものなので使っている人は多いかと思います。

そもそもクラウドソーシングとはどういう意味かというと

クラウドソーシングは、比較的オープンな人的ネットワークに仕事や課題を「発注」「募集」「問い掛け」することで、適切なレベルの知的労働力(コンテンツや知恵)を相対的に安い価格で調達する方法として注目されています。

出典:クラウドソーシングとは - コトバンク

となっています。

このクラウドソーシングはフリーランスから副業程度で稼ぐ等様々な使い方ができます。

有名なクラウドソーシングのサービス言えば

クラウドワークス

 ・ランサーズ

www.lancers.jp

稼ぐ量:☆☆☆

参考記事

news.careerconnection.jp

これは受注する案件にもよりますが、上記の参考記事にある通りあまり稼げないことの方が多いです。しかし、これは努力次第ではそれなりには稼いでいけるため、この評価にしています。

副業として考えている場合は、自分が一体どれだけの時間を、このクラウドソーシングにかけられるかを考えると、得られる金額の量も逆算できます。

稼ぎやすさ:☆☆☆

参考記事にも書かれていますが、やはり今までの方法とは違いクラウドソーシングは仕事感が出てきます。そのためお金を得るために掛ける時間が長くなることもあります。なので、副業として短時間にでやるには案件が少ない場合があります。

また、専門知識の有無によっても稼ぎやすさは変わってくるので、何とも言えないというのが正直なところです。

しかし、他の方法と相対的に見た時、お金を稼ぐまでの時間は受注した時に決める(基本的に納品またはマイルストーン払い)ので、稼ぐまでに比較的時間はかかりません。

 

これらの理由から稼ぎやすさはこの評価にしています。

確実さ:☆☆☆☆☆

このクラウドソーシングは先ほどのポイントサイト同様で、自分が受注した案件をやることで仕事を得ているので、詐欺にあわない限り確実に報酬はあります。

他の方法は基本的に稼げるか分からない、もしくは稼げるまでに時間がかかるかもしれないといった不確定要素が多かったですが、この方法とポイントサイトの方法だけは確実に報酬があるので、この評価にしています。

 

詐欺に対する参考

crowdworks.jp

余談

さてPC・ネットだけでお金を稼ぐ方法をまとめてきました。ほぼ全ての仕事が在宅ワークスとなっています。

よくこの中で一番稼げるのは?というのを見ますが、私は人それぞれだと思います。どれが自分にとって一番合っているか分からない状態で、この方法は稼げないからやらないっていうのはもったいないと思います。

また、どれか1つの方法で稼ぐ!と変に決めつけず、自分のできる範囲でこれらの方法を使っていけばいいと思います。1つで稼ぐのが難しければ複数の副業を兼用して足りない分を補う。そんな使い方が一番いいんじゃないかと思います。


今回の記事は以上となります。お疲れ様でした。

どうでもいいけど今回の記事のサムネの画像まさかのフリー素材なんです。

pixabay.com

2019/01/19 ページ修正

Blender ノードエディタの使い方04【グループ・設定】

Blender ノードエディタ

今回はノードエディタのグループや設定を使ってよりノードエディタを便利に、そして見やすく使う方法をまとめた記事です。

 

ノードエディタの使い方を知りたいという方は、まずは以前の記事をご参照ください。

今回の使用物

Blender レンダリング結果

そして、これがそのノードです

Blender ノードの多い状態

もし、この状態で、皆さんもこれをマネしてみてくださいねっていうサイトがあったら、私は間違いなくブラウザバックします。もっと拡大された写真が数枚あっても私はブラウザバックすると思います。

 

なぜか。「どれがどの部分が分からない」からです。これは人の作ったものだと顕著に出ますが、自分が作っていても分からなくなるほど見にくい場合があります。

 

今回はそのような状態にならないためにも、レイアウトとグループ化をメインに行って、ノードエディタを見やすいものにしていきたいと思います。

ノードエディタのレイアウト

まずはレイアウトというものを作って、同じようなところをまとめていきたいと思います。

始めにまとめた時は下図のようになります。

Blender ノードエディタ レイアウト付き

場所を変更しているというのもありますが、圧倒的に分かりやすくなったと思います。

このレイアウトを追加する方法を今からご紹介していきます。

レイアウトの作り方

Blender ノードエディタ レイアウトの追加方法

まずはノードエディタ上で【Shitfキー+Aキー】でレイアウト>フレームを追加してください。

そうすると、フレームという枠が追加されるので、そこにフレームに入れたいノードをドラッグ&ドロップしてください。

Blender ノードエディタ フレームに追加時

上図のようになれば成功です。この中に入っているノードでもフレームでも移動させると同時に動くと思います。これを入れたいノード全てに行ってください。

Blender ノードエディタ フレーム

上図が全ノードをフレームに追加できた時の図です。

これで一通りレイアウトの追加方法は終わりです。

フレームのカスタマイズ

Blender ノードエディタ フレームのカスタマイズ

このフレームも数が多くなれば分かりにくくなってきます。そこで上図のようにラベル名と色を変えることで、分かりやすいよう区分していきたいと思います。

 

上図の右にある赤線を上から順に説明します。

まず1つ目は、ラベル名、つまりフレームと書かれていた部分を変更することができます。ここで、一体何のフレームなのかを明示することができます。

次に2つ目は、フレームの色を変更します。カラーにチェックを入れた後、色を選択してください。

最後に3つ目は、ラベルのサイズを変更することができます。もじラベル名が見にくいや大きいなどといった場合は、変更してください。

ノードディタのグループ

Blender ノードエディタ

レイアウトの時に気付いた人もいたかもしれませんが、実は上図の赤枠部分は全て同じ内容になっています。

これが一番分かりにくくしていた元凶といっても過言ではありません。

それを証明するように、これをグループ化して見やすくしたのが下図です。

Blender ノードエディタ グループでノードをまとめる

なので、これからノードエディタのグループについてご紹介していきます。

グループの作り方

Blender ノードエディタ グループ選択

まずはグループさせたいノードをShiftキーを押しながら選択してください。全部選択した後、【Shiftキー+Aキー】でグループ>グループ作成を押してください。

Blender ノードエディタ グループ編集画面

そうすると上図のようになります。左にあるグループ入力にVectorが2つあります。今回同じVectorを入力するので、2つもいりません。

なので、上図右にあるインターフェイスの入力にあるどちらかのVectorを選択します。上図では、上の赤枠は入力の追加(出力の追加は隣にあります)、下の赤枠は削除になっています。

なので、選択したVectorを消すので、下の赤枠を押してください。

Blender ノードエディタ グループ編集後

そうすると、上図のようになりますので、グループ編集はこれで終了となります。

また、この状態の時は、TABキーを押すと元のノードエディタに戻るので、ご安心ください。

Blender ノードエディタ グループ編集への行き方

グループ編集に戻りたい場合は上図の赤枠内をクリックすると、グループ編集に行くことができます。

Blender ノードエディタ

という作業を経て、上図のようになっています。

設定

Blender ノードエディタ 設定 ノード曲線

ここまで、レイアウトやグループによって、ノードエディタを分かりやすいようにしてきました。しかし、リンクが交差して見にくいという場合もあります。

そういう時は、設定を変更することで、ノードエディタを見やすくすることができます。

例えば、上図のように電子回路のようにすることもできます。

設定方法

Blenderのファイル>ユーザー設定を選択してください。

Blender ユーザー設定 テーマ ノードエディタ画面

そして、上図にあるテーマを選択し、ノードエディタを選択してください。

そうすると、リンク曲線という数字があるので、ここを0にすることで、直線のリンクを作る事ができます。

後は、直線になったところを【Shiftキー+左クリック】でドラッグしながら、リンクを切ると、そこに新たな接続点ができるので、それで直線にしてください。

 

またリンク曲線の数の上にある項目は、ノードエディタのノードの色を変更できるものなので、自分が識別しやすい色に変更するという方法もあります。


今回の記事は以上となります。

これでノードエディタの使いやすさも上がるはずなので、皆さんも是非使ってみてください。

それではお疲れ様でした。

Blender カメラ等を任意の円または線上を移動させる方法

今回はカメラ等のオブジェクトを円や線上などに沿って移動させる方法をご紹介していきます。

この方法はカメラワークをするとき等にとても便利な方法になっています。

もし普通にカメラワークをするとき、カメラのキーフレームを1つずつ細かに調整していく必要があります。しかし、この方法を使うと視覚的に線を曲げていくだけで、カメラワークが出来ます。

またこの線や円などのパスに追従する方法は、以前の記事のトラッキングと合わせると、より使いやすいものになるので、是非使ってみてください。

出来上がり

f:id:TomoG:20190104142312g:plain

このようにカメラを回すことが簡単にできるようになります。

f:id:TomoG:20190104143323p:plain

設定は上図のようになっています。上図のオレンジ線がカメラが移動するパスになっています。

また線上にあるのは、カメラと光源の平面になっています。このカメラと平面は中央のモンキーにトラッキングしています。

ラッキング方法はについて、記事先頭にあるリンクからお願いします。

パスに追従させる方法

パスの用意

まずは移動させるといっても移動経路であるパスを作らないといけません。

f:id:TomoG:20190104165834p:plain

 3Dビューの【Shitfキー+Aキー】の追加から、上図の赤枠内にある3つの内から1つ選択してください。

そして、作ったパスをオブジェクトが移動させたい道となるよう変形させてください。

設定

次に移動させたいオブジェクトに設定を追加していきます。

以下の設定は全て、移動させたいオブジェクトを選択した状態で行っております。

f:id:TomoG:20190104170300p:plain

まずは上図のようにコンストレイントを追加していきます。

コンストレイント追加から、パスに追従を選択してください。

設定したばかりでは、パス上に移動させたいオブジェクトが移動されていると思います。


※パス上にオブジェクトが動かないという方向け

f:id:TomoG:20190104171100p:plain

移動させたいオブジェクトの座標設定を全て0にしてください。


 パスに追従を追加するとこうなります。

f:id:TomoG:20190104171249p:plain

ターゲットは、先ほどパス作成で作ったパスを選択してください。

パスのアニメやその下3つのチェックボックスは私もよくわかっていないので割愛。

 

オフセットがパス上の位置になります。0~100が一周となっています。上図では黄色になっていますが、これはキーフレームを追加したためです。

 

前・上も、設定を変更してもあまり変わらないような気がします。しかし前・上の組み合わせはあるので、【パスにFollo P...】という位置が赤くならないよう設定してください。

 

影響を下げると。パス上にいなくなっていきます。なので基本的に1で問題ないかと思います。


以上で任意の円or線上つまりパスに追従して移動させる方法についてご紹介しました。

アニメーションさせなくても、十分に使える機能なので、皆さんも使ってみてください。

今回の記事はここまでです。お疲れ様でした。

Blender カメラ等を追跡(トラッキング)させる方法

今回は、あるオブジェクトにトラッキングさせる方法をご紹介していきます。

実はこのトラッキングは、銀河作成の記事でも使用している記事です。このトラッキングBlenderでアニメーションを行う上で欠かせないカメラワークの1つでもあります。

また、このトラッキングととても深い関係にあるであろうカメラを特定のパス上を動かすという手法は下記の記事でご紹介していますので、そちらをご参照ください。

 出来上ったもの

まず始めにカメラトラッキングってなんだっていう人もいるかもしれないので、どのようなものかgifにしましたので、こちらをご覧ください。

f:id:TomoG:20190103223831g:plain

上図の動画のように、特定(任意)のオブジェクトに向き続けるというものです。

上図の例でいうと、真ん中のモンキーは常に周囲を回る球体に正面を向くように設定しています。

ラッキング方法

ラッキングさせたいオブジェクト(例でいうとモンキー)に設定を行います。

f:id:TomoG:20190104094909p:plain

上図のようにコンストレイント追加から、トラックを選択してください。

f:id:TomoG:20190104095004p:plain

そうすると、上図のようなものが追加されます。上から順に説明していきます。

ターゲット

ラッキングさせる対象をここで設定します。

例でいうとモンキーの周りを回っていた球体です。

頂点グループ

ターゲットの頂点グループをここで指定できます。

例)球をZ軸方向に伸ばして、その一番上だけの頂点グループを作った時

f:id:TomoG:20190104095721p:plain
f:id:TomoG:20190104095732p:plain


上図の左はトラッキングの項目にある頂点グループを選択していない状態。

上図の右はトラッキングの項目にある頂点グループを選択している状態

これでターゲットといっても、ターゲットのどこにトラッキングするか設定することができます。

先・上

これを変更すると、トラッキングさせたいオブジェクトがどうトラッキングするか決めることができます。

現在は正面を向くように設定していますが、反対を向かせたりもできます。

これは自分でいじってみて、どう動くか見たほうが早いと思うので、こちらは自分で触って確認してください。

使用空間

これはワールド空間かローカル空間のどちらかを選ぶことができます。

しかしほとんどの場合ワールド空間を使うので、あまり気にする必要はないかと思います。

影響

この項目はどれだけ、トラッキングをするかの程度を表している数値です。

基本的に1で問題ないのですが、キーフレームの設定で減らしていくことで、何かしらのことに使えるかも?


ラッキングの説明については以上になります。

このトラッキングはカメラに行う場合もあり、銀河を作った時もカメラにトラッキングさせています。

 

また本記事の図に出てきている黒い円はなんだという話があると思います。これは最初にも書きました特定のパス上を動く方法を使ったものでなので、気になった人は是非そちらもご覧ください。

以上で、今回の記事は終わりとなります。お疲れ様でした。

2018年の振り返り記事

皆さん新年明けましておめでとうございます。

本記事では、この1年間のブログ成長をまとめていけたらと思います。

ただ単純にまとめただけのものですので、適当な記事です。なので、検索されないように設定しているので、ご了承ください。

概略

2018/8/5 ブログ作成:正しくはFC2ブログからの移転

2018/11/25 週間訪問者数(UU)100人突破

2018/12 月間PV数1000突破

月間の解析

次からGoogleアナリティクスを元に月間のデータを見ていきます。

最初の8月は自分を除外できていなかったりと、誤ったデータが混じっているため、9月から見ていきます。

9月

f:id:TomoG:20190101102810p:plain

9月は安定してブログに1人来る程度の状態でした。

f:id:TomoG:20190101103231p:plain

PVの内訳は上図です。

この時はまだURLを変更していなかったので、これだけ見ても何の記事か分かっていません。

この状態を見て、下記の記事が誕生しました。しかし直したのは11月の最後の方というなぜか遅い状態。

後悔しないはてなブログを始める時に注意すべき3点!

10月

f:id:TomoG:20190101103621p:plain

10月は、少しずつUUが増えてきた月でした。しかし、その代わりにPV数が下がるという事態に。

f:id:TomoG:20190101103859p:plain

 この頃から特定の記事にアクセスが集まるようになってきました。

しかし、当時回遊率なんて?状態の私はそのまま放置してしまいました。

9/12の記事は下記の記事です。

3Dモデルを販売するならここ! 販売サイトまとめ 

11月

f:id:TomoG:20190101104509p:plain

11月になると安定してUUが10人突破するようになりました。

f:id:TomoG:20190101104816p:plain

しかし、特定の記事へのアクセスが偏る一方。

この辺りから、記事のリライトを開始したような気がしますが、最初の方に書いた記事はひどい状態でした。ここでリライトの重要性に気付いたような気がします。

12月

f:id:TomoG:20190101105431p:plain

この月になると日間UUが20は当然になってきました。そして、一定周期でUUが減ることが分かりました。(自称)技術系ブログなので、やはり休日はあまり見られないようです・・・

f:id:TomoG:20190101105759p:plain

特定のページへの偏りは強くなる一方です。関連記事の設置や、他の記事もSEO対策を行ってきましたが、その分だけ特定ページも強くなる状態です。

9月~12月のトラフィック

f:id:TomoG:20190101153029p:plain

大半がオーガニックサーチという結果が出ました。

それは当然の話ではあるのですが、ソーシャルの低さが目立ちます。

SNSをほとんど使ってこず、Twitterだけの運用だけだったからかなということが反省です。

f:id:TomoG:20190101153807p:plain

使用OSはほとんどWIndowsという結果に。

記事内容のほとんどがPC向けということがこれの要因かと思います。

今年の目標

月間PVが1000超えたばかりという、まだまだ脱初心者なブログですが、今後も頑張っていこうと思います。

とりあえず、目指すは今年中に

・月間PV1万

・月間UU5千人

といったところでしょうか。

以上で今回の記事は終わりです。

ご覧頂きありがとうございました。