TomoGのごちゃまぜ倉庫

Blender シャープ辺の使い方・細分割曲面でエッジを消さない方法

今回はBlenderでシャープ辺を使って、細分割曲面を使っても辺をくっきりさせる方法をご紹介していきたいと思います。

またシャープ辺を使わなくても、細分割曲面から辺を残すことはできるので、シャープ辺を使っても使わなくても大丈夫です。

エッジ(辺)を残した結果

まずシャープ辺を使ったら、やエッジを消さない・残した場合などと言っても分かりにくいと思うので、例をご紹介します。

Blender シャープを使った細分割曲面前のオブジェクト

このオブジェクトに細分割曲面をかけてみたいと思います。

左は何も行っていない状態で細分割曲面を使った時になります。

右は本記事でご紹介するエッジを残した時の結果となります。

 

このように細分割曲面で滑らかにしてほしくない辺がある場合などに使えるのが本記事の内容となっています。

基本的なやり方

Blender モディファイヤーの辺分離

基本的なやり方としては、細分割曲面をする前に、モディファイヤー辺分離を入れてこむだけです。

上図の位置にあるのが辺分離となっています。

そうすると上図のような画面になります。もし、細分割曲面の方が上に来ている場合は、下に変更してください。

赤枠内の項目は両方同時にオンにすることができますが、原理的には2つの項目を合わせただけなので割愛します。

 

そして、辺の角度についてはシャープ辺を使わない方法で、シャープな辺についてはシャープ辺を使った方法でご紹介していきたいと思います。

シャープを使う方法

Blender 辺にシャープを付ける

まずは辺にシャープを付けていく方法です。

付け方としとは、シャープを付けたい辺を選択した後【Ctrlキー+Eキー】で項目を出して、そこの【シャープを付ける】という項目を選択するとシャープを付けることができます。

【シャープをクリア】で付けていたシャープを消すこともできます。この辺りは以前記事で紹介したシームの付け方と同じです。

Blender モデフィファイヤーの辺分離でシャープを選択

そして、先ほど追加したモディファイヤーの辺分離のシャープな辺にチェックを入れると完成です。

基本的にはこのやり方の方が、エッジを確実に消すところと消さないところで区切る事ができるのでおすすめです。

しかし、一々シャープを付けて面倒だという方は、次のシャープを使わない方法をご覧ください。

シャープを使わない方法

Blender モディファイヤーの辺分離で辺の角度

シャープを使わない方法はいきなりモディファイヤーの辺分離から変更していきます。辺分離の辺の角度というところにチェックを入れて分離角度の設定を行ってください。

 

この分離角度以前の角度が辺分離される、つまりシャープがかかっていない状態になります。そのため、ここの分離角度を誤るとおかしな状態になります。

上図が分離角度を誤った時となります。

そのため、この辺の角度で辺分離を行う時は正確で適切な数字を入力する他、角度が入り混じっていた場合は使い物になりません。

参考サイト

blender.u5kun.com


これで本記事の内容は終わりとなります。

よく使用するモディファイヤーの細分割曲面を、このシャープを使うことでより使いやすくなったかと思います。

今回の記事は以上となります。お疲れ様でした。