TomoGのごちゃまぜ倉庫

Blender IBLの設定方法【HDRIを使用】

f:id:TomoG:20190421211520p:plain

今回はHDRIを使用して、BlenderでIBLを行っていきたいと思います。何を言っているのか分からない方が多いと思います。

そのため簡単に言うと、画像を背景に設定し、その画像から光源を得ることでリアルな光源・背景を実現する方法だと思います。

 

本記事では、その光の情報を含む画像(HDRI)を使用して、Blenderレンダリングに適用する(IBL)を行いたいと思います。

HDR、HDRI、IBLについての説明は最終章に記載するので、そこから分からない方は最終章からご覧ください。

IBLの設定方法

準備

まずはIBLを行うためにも、モデルやHDRIの準備を行っていきます。

まずモデルについては、何を作っても構いません。

f:id:TomoG:20190421210301p:plain

今回用いるのは上図のように立方体の上に猿(スザンヌ)を置いただけの簡単なものになります。

HDRIの準備については、自分でダウンロードしてきてください。ダウンロード先については下記のリンクでまとめてあります。

ノード設定

Blender Worldノードへの移り方

まずは上図のようにノードエディタを開いて下さい。どのオブジェクトを選択しても構いません。

すると上図の赤枠のように選択してください。

Blender Worldノードのノードを使用ボタン

すると何もない画面になるため、上図の赤枠のように【ノードを使用】を選択すると上図のようにノードが作成されます。

ここのノードの扱い方は、通常のシェーダーノードと変わりません。調整も同じようにすることができます。

Blender IBLの設定

そしてIBLにするためには、上図のように背景ノードと環境テクスチャをリンクさせてください。

この時、環境テクスチャに設定する画像はHDRI画像を選択してください。

これでBlenderでHDRIを用いたIBLは完了となります。

 

※注意点

編集モードやオブジェクトモードだと変化はありません。結果を見る場合はレンダーモードにしてください。

IBLの設定結果

f:id:TomoG:20190421211434p:plain

f:id:TomoG:20190421211452p:plain

f:id:TomoG:20190421211520p:plain

上図の複数の画像が、今回テストとして設定したHDRIとなります。

このようにライトを変更、今回の場合だとIBLに設定するHDRIを変えれば、ここまで変化があることをご理解頂ければと思います。

参考サイト

qiita.com

tofusan.cocolog-nifty.com

HDR、HDRI、IBLとは

HDR

HDRとはHigh Dynamic Rangeのことで、明るさの幅(Dynamic Range)をより広く表現できる技術のことです。

この明るさの幅を広くしたことにより、より人間の目が判断している明るさに対応できるため、人間から見れば明るさを含めたリアルさを出すことができます。

ptl.imagegateway.net

www.eizo.co.jp

HDRI

このHDRIとはHigh Dynamic Range Imageのことで、HDRで撮られた画像のことを指します。

HDRは技術のことで、HDRIはHDRを使った画像ということを留意しておいてください。

digital-note.jimdo.com

IBL

このIBLとはImage Based Ligjtingを指しており、英語の内容通り、画像を元に光を作成するというものです。そのため画像の光を表すデータの輝度を持っている画像形式ならIBLを行うことができます。

つまり、jpegなどでもIBLを行うことはできますが、明るさをよりリアルに再現できるHDRIがIBLを行う上で、一番見栄えがいいためIBLを行う時はHDRIを用います。

digital-note.jimdo.com