TomoGのごちゃまぜ倉庫

Blender MMDモデルを編集するアドオンの使い方【mmd_tools】

f:id:TomoG:20190714165224j:plain

今回はBlenderMMDモデルを編集するアドオンの使い方をご紹介していきたいと思います。

※本記事のBlenderバージョンは2.79です。

結果

上図のようにMMDのモデルをBlenderで動かせるようになります。

アドオン導入方法

github.com

BlenderMMDを動かすためにはmmd_toolsというアドオンを導入する必要があります。まずは上記のリンクからZIPファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードした後、解凍してそのファイルをBlenderをインストールしたファイルのscriptsファイルの中にあるadoonsファイルに移動させてください。

デフォルト設定だと、Blender > (バージョン番号) > scripts > addons

になります。

この状態で通常のアドオンを入れるようにすると導入することができました。

検索窓に【mmd】と入れると発見できると思います。

導入できない場合

Blender > 2.79(バージョン番号) > scripts > addonsにmmd_toolsをコピーできていない可能性があります。

通常のアドオンと違い、コピーしてからでないとできない可能性があるため、ご注意ください。

Blenderでの操作方法

前章でmmd_toolsを導入できたと思います。本章ではそのmmd_toolsを使って、具体的にBlenderMMDモデルを扱っていきたいと思います。

MMDモデルのインポート

まずはBlenderMMDモデルをインポートしておかないとMMDモデルを編集することはできません。

f:id:TomoG:20190714162923p:plain

モデルをインポートはメニューからではなく、3DViewの【T】キーを押すと出てくるツールのmmdタブから行います。

このmmdタブの中にある【Import Model】というボタンを選択して、ファイル選択画面からモデルを選択してください。

f:id:TomoG:20190714163123p:plain

すると上図のようにMMDモデルをインポートできるようになると思います。

モデルによってはメッシュしか表示されない場合もあります。その場合は次節をご覧ください。

MMDモデルのマテリアルの適用

次にこのMMDモデルにマテリアルを適用していきたいと思います。

Blender mmd_toolsのmmdタブのMaterials Convert For Cyclesボタン

【A】を押して全選択をした状態で、上図の【Convert Materials For Cycles】というボタンを選択してください。

 

※Cycleレンダー以外の場合は必要ないかもしれません。未確認です。

すると上図のようにマテリアルが適用されると思います。

エラー落ちする場合

Blender mmd_toolsのmmdタブのSeparate By Materialsボタン

もし【Convert Materials For Cycles】を押すとBlenderがエラー落ちする場合は、上図のように【Convert Materials For Cycles】を押す前に【Separate By Materials】を全選択した状態で押してください。

 

もし、それでもエラー落ちする場合は、全選択ではなくマテリアルを適用したい箇所を選択して【Separate By Materials】を押すといけるかもしれません。

MMDモデルのモーション適用

Blender mmd_toolsのmmdタブのImport Motionボタン

MMDモデルにモーションをインポートする場合は、上図のようにMMDモデルを選択した状態で【Import Motion】を選択して、ファイル選択の中からモーションデータを選択してください。

MMDモデルのエクスポート

Blender mmd_toolsのmmdタブのExport Modelボタン

最後にMMDモデルを編集してエクスポートしたい場合は、上図のようにMMDモデルを選択した状態で【Export Model】を選択すると出力できます。

参考記事

blender-cg.net

usausakokoko.hatenablog.com

素材詳細

今回記事内で使用したモデルはMMDのデフォルトで入っている初音ミクを用いています。


本記事の内容は以上となります。

MMDモデルは高品質・無料で配布されている場合が多いため、人型のモデリングをしたいときは大いに参考にすることができると思います。

本記事は以上です。お疲れ様でした。

モデル・モーションのDLサイト

www6.atwiki.jp