TomoGのごちゃまぜ倉庫

Blender 音楽を利用する方法【追加・出力】

f:id:TomoG:20190831163511j:plain

本記事ではBlenderで音楽を鳴らす方法をご紹介していきたいと思います。

Blenderで音楽を利用

Blenderで音楽を利用といっても幅広いものになります。本記事では、まず基本的なBlenderに音楽を追加して、その音楽と一緒にレンダリングすることを目標としたいと思います。

音楽を追加

まずはBlenderに音楽を追加していきたいと思います。音楽ファイルは自分で用意してください。

Blenderのウィンドウ変更項目のビデオシーケンスウィンドウ

まず始めに上図のようにウィンドウズをビデオシーケンサーに変更してください。サウンドを追加するのに、ビデオシーケンサーと不思議に思う方もいると思いますがビデオシーケンサーで追加します。

Blenderのビデオシーケンサーのサウンド追加ボタン

次にビデオシーケンサーの追加というタブを選択してください。すると様々なものを追加することができるメニューが出てきますが、ここでサウンドを選択してください。

 

するとファイル選択画面になるため、ここでBlenderに追加したい音楽ファイルを選択することで、Blenderに音楽ファイルを追加することができたと思います。

 

後はいつものようにアニメーションを開始させると、音楽が流れるようになると思います。しかし、この状態だけではプレビューでの音楽の状態を出力させることはできないため、次節で音楽も出力させる方法をご紹介します。

音楽を出力

次にこの音楽をレンダリングと一緒に出力していきたいと思います。何も行っていない場合は、せっかく追加した音楽が出力されないためご注意ください。

Blenderの出力設定画面の動画の場合

出力メニューのい出力タブにある設定を動画となるとうに設定してください。もし動画を出力するための設定が分からない場合は、下記の記事を参考にしてみてください。

動画の出力設定をすると、出力タブの下にオーディオという設定が出てきます。このオーディオの設定を上図のように設定してください。

特に音声コーディックは最初のままだと【なし】になっていると思います。なので、ここをAACに変更するようにしてください。

 

これで、動画をレンダリングすると、その動画と一緒に音楽もレンダリングされるようになったと思います。

注意点

音楽を出力して試してみるだけでも、カメラが絶対に必要になります。なぜならレンダリングするときに何をカメラは必要になるからです。

本記事の説明ではカメラは直接的には音楽に関係がなく書きませんでしたが、音楽を試しに出力してみるだけなら、カメラは忘れやすいためご注意ください。

参考記事

rikoubou.hatenablog.com


本記事の内容は以上となります。

Blenderで音楽の出力は、編集で追加することもできるためそこまで重要なものでもありません。しかし、オブジェクトに音楽を関係させる場合は必要なものになってくるため、その取っ掛かりとして本記事をご利用ください。

本記事は以上です。お疲れさまでした。