TomoGのごちゃまぜ倉庫

UnityとTwitterの連携(SocialConnector)

今回は Unity × Twitter × Android 
を行うべくしたことをメモしたいと思います。

■外部アセットのSocial Connectorを導入

UnityとTwitterを連携させるべく、外部アセットを使う。

まずはSocial Connectorをダウンロード・解凍
github.com

次にUnityのタブから

Asset > Import Package > Custom Package

を押して先ほど解凍したファイルの中に

SocialConnector.unitypackage

を選択する。

テストはしていないけど、他のブログを見る限りiPhoneはこれだけでいけるようです。

#Android開発は以下の手順も必要

Githubの方に分かりやすく書かれているので詳細は割愛させて頂きますが

1.FileProviderに対応させる。

UnityのAssetsフォルダ直下にPluginsフォルダを作成
Social Connector > Plugins > Androidフォルダの中身全てを先ほど作ったPluginsフォルダに移動

2.AndroidManifest.xmlを一部変更する。

Assets > Plugins > Android > AndroidManifest を変更

■使い方